アワビ班の研究成果(2014年度中間報告)

アワビ班の研究内容と進捗状況(2014年度)

アワビ班では、アワビ類やサザエなどの生産につながる岩礁藻場および複合生態系の構造や機能を明らかにするため、特に、岩礁藻場のマイクロハビタット(マイクロ複合生態系)の構造や機能に着目して研究を行っています。また、様々な個生態系から形成される湾レベルの複合生態系において、岩礁生態系と他の個生態系との相互連環を明らかにするため、物質循環、砂泥の流入、生物の出入りなどに着目しています。

調査は、岩手県大槌湾、宮城県牡鹿半島、神奈川県相模湾、京都府丹後海、および沖縄県石垣島名蔵湾で実施しています。大槌湾と牡鹿半島においてはエゾアワビを、相模湾と丹後海においては暖流系アワビ類(クロアワビ、メガイアワビ、トコブシ)とサザエを対象として、それらの成長に伴う生息場(マイクロハビタット)と食性の変化を明らかにし、種間および海域間で比較を行います。また、親貝の繁殖と生息場環境・餌料環境との関係、幼生・稚貝の発生量変動とそれらに影響する環境要因、幼生着底量と着底場環境の関係、被食減耗と飢餓減耗の実態等に着目して様々な調査、実験を行っています。また、大槌湾、相模湾、名蔵湾では、海藻藻場と海草藻場の位置関係に着目し、それらの構造と機能の相違が藻場に生息する動物の生活史や個体群動態に与える影響について調べています。大槌湾と牡鹿半島では、地震・津波による攪乱後の二次遷移過程における複合生態系の構造と機能の変化にも着目して研究を進めています。

研究トピックス
【モガニ類の新種を続々と発見!】
ヨツハモガニという小型海藻群落に生息する小型のモガニ類は、これまで岩礁藻場におけるアワビ類やサザエ稚貝の主要な捕食者の1つと考えられてきました。ところが、このヨツハモガニについて詳細な調査、研究を行った結果、これまでヨツハモガニとして扱われてきたモガニ類には、3種の未記載種を含む7種が含まれていたこと判明したのです。大槌湾および牡鹿半島に生息するモガニ類はヨツハモガニとは異なる未記載種オオヨツハモガニ(仮称)であり、相模湾長井の岩礁藻場にはヨツハモガニに加えて新種アラサキモガニが高密度に生息することが明らかとなりました(Ohtsuchi et al. 2014)。また、安定同位体解析と飼育実験の結果から、アラサキモガニは生活史を通じてデトリタス食性であり、ヨツハモガニは成長に伴ってデトリタス食性から海藻食性に変わることがわかりました。いずれもアワビ類やサザエの稚貝に対する捕食者ではなく、餌料を巡る強い競合関係もないと考えられます。ヨツハモガニとアラサキモガニはともに相模湾長井の岩礁藻場に生息すますが、利用するマイクロハビタットがやや異なり、浮遊幼生の着底時期も異なることから棲み分けが成立していて、同じ海域にともに高密度に生息しうることが明らかになりました。

成果論文
Ohtsuchi, N., Kawamura, T. and Takeda, M. (2014) Redescription of a poorly known epialtid crab Pugettia pellucens Rathbun, 1932 (Crustacea: Decapoda: Brachyura: Majoidea) and description of a new species from Sagami Bay, Japan. Zootaxa, 3765, 557-570.

アラサキモガニ Pugettia vulgaris Ohtsuchi, Kawamura & Takeda, 2014

【地震・津波による生物群集構造の変化が判明!】
大槌湾長根と牡鹿半島泊浜における継続的な調査結果から、地震と津波の影響は両地点において大きく異なることが判明しました(Kawamura et al. 2014)。牡鹿半島では津波後に底生生物の群集構造が大きく変化しました。その後3年間で津波前と類似した群集構造に戻りつつありますが、エゾアワビやウニ類など成長の遅い生物では個体群の構造に変化が残っています。一方、大槌湾でも、地震・津波の直後にはキタムラサキウニの密度が大きく減少するなどの影響が見られましたが、牡鹿半島に比べると影響は小さく、生物群集構造が大きく変化することはなかったと思われます。キタムラサキウニも深場に流された大型個体が戻ってきて分布密度は回復しています。しかしながら、大槌湾においてもエゾアワビの稚貝やキタムラサキウニの稚ウニの密度は減少したままであり、これらの個体群構造には変化が生じています。

成果論文
Kawamura, T., Takami, H., Hayakawa, J, Won, N.-I., Muraoka, D. and Kurita, Y. (2014) Changes in abalone and sea urchin populations in rocky reef ecosystems on Sanriku Coast damaged by the massive tsunami and other environmental changes associated with the Great East Japan Earthquake in 2011. Global Environmental Research, 18, 47-56

牡鹿半島泊浜(宮城県)での潜水調査の様子

カテゴリー: 打ち合わせ,会議   パーマリンク

コメントは受け付けていません。