丹後海に設置した係留系のメンテナンス①

前回3月に係留した測器のメンテナンスのため,丹後海を訪れました.

 天候に恵まれ,穏やかな丹後海.

IMG 1615

引き上げた測器は船上で海水をかけ,大きな付着物を落とします.

IMG 1626

 上陸後,各パーツに分解し,それぞれ念入りに掃除します.

IMG 1043

 

今回から丹後海観測メンバーに仲間入りした近藤さんは完璧な日焼け対策をしていました 笑

 きれいに付着物をとれたら,乾燥.

ようやくひと休憩できます.

IMG 1044

 舞鶴水産実験所は立派なイチョウの木が立っていて,

その木陰は涼しく,休憩には最適な場所です.

IMG 1656

 測器が乾いたら,再び組み直し,同じ場所に係留すべく,係留系を乗せ,出船しました.

IMG 1657

 IMG 1048

 2011年12月から2012年6月までの6ヶ月分の水温や塩分,海流のデータが集まりました.

この時期は雪解け水や風,気温の上昇などの影響を受けて,海の中の環境が大きく変化します.

今回取得したデータをもとに,詳細に解析を行っていきたいと思います.

カテゴリー: 丹後海   パーマリンク

コメントは受け付けていません。