ヒラメ仔稚魚の耳石酸素安定同位体分析

丹後海を生息場としているヒラメは、丹後海より西の海域から輸送されてくる群と地先での産卵に由来する群から構成されることが知られています。ヒラメ資源の変動要因を明らかにするうえで,これらの集団がどのように維持されているのか理解することが重要な課題となっています。そのためには由来が異なる個体をひとつひとつ判別することが必要です。

耳石の化学組成は個体の生息環境を記録することが知られており,経験水温が異なる個体の判別に有用であると考えられるため,これを指標としてヒラメの由来判別を試みようと考えています。まず、ヒラメ仔稚魚を異なる水温区で飼育し、経験水温が異なる個体の耳石を得ました。この耳石の酸素安定同位体を安定同位体比質量分析計で分析し,それらが経験した水温をよく反映しているのかどうか,水温履歴を復元する指標として有用かどうか,検証する実験を行いましたので紹介します。


”真剣”に分析の準備をしている
ヒラメ担当の福西特任研究員と分析担当の山根特任研究員

カテゴリー: 丹後海   パーマリンク

コメントは受け付けていません。