宮古湾におけるニシン仔稚魚の採集調査

昨年度に引き続き,宮古湾ではニシン仔稚魚の採集調査を実施しています。2013年も産卵親魚の漁獲量が非常に少なく,仔稚魚の発生数が少ないことを懸念しておりましたが,我々の心配をよそに着々と仔稚魚サンプルが採集されています。
さすがニシンであります。

下の写真はは船曳網で採集されたサンプルになります。クラゲやチカなども同じ場所にいるようです。

また,宮古湾の湾奥では津波によって大きな被害を受けたアマモ場も復活しはじめており,生物たちをとりまく環境も津波前に少しずつ近づきつつあります。

この写真にあるアマモ場はニシンの成育場に存在するため,ニシンの生態や資源を考えるうえで決して無視できません。将来的には,このアマモ場がニシンの生態や資源とどのように関わっているのか明らかにしていきたいと思っています。

カテゴリー: 打ち合わせ,会議   パーマリンク

コメントは受け付けていません。