アワビ班の研究進捗状況

沿岸海域では、河口干潟や外海砂浜、岩礁藻場等の様々な生態系(個生態系)が隣接・連
環して存在し、機能していると考えられます。我々はこれを複合生態系と呼んでいますが、それぞれの個生態系はさらに小さな単位の異なる生態系(マイクロハビタット)によって成り立っています。一生を通して1つの個生態系にのみ生息する資源生物であっても、成長段階によって異なるマイクロハビタットを利用している場合がほとんどであり、その生物の個体群動態や資源変動のしくみを理解するためには、マイクロハビタットの構造や変動、利用様式を知る必要があると考えます。

マイクロハビタットの構造や機能は、海域による環境変動の大きさや頻度などの違いによって異なり、その結果として、マイクロハビタットを利用する生物群集の多様性、変動様式も異なると考えられます。私たちアワビ班では、マイクロハビタットの構造や機能に着目して、岩礁生態系の生物群集の成り立ちや変動機構を理解し、岩礁生態系を代表する漁獲対象種であるアワビ類とサザエの個体群動態、資源変動のしくみを解明することを目指して研究を進めています。

今年度は、これまで継続して調査・研究を実施してきた大槌湾長根(エゾアワビ)、牡鹿半島泊浜(エゾアワビ)、相模湾長井沿岸(クロアワビ、メガイアワビ、トコブシ、サザエ)に加えて、石垣島名蔵湾でも調査を開始しました。名蔵湾では、砂泥底にサンゴ礫が点在するため、海草と海藻が混在した藻場が形成され、海藻の季節的な消長に伴って藻場に生息する動物群集が大きく変動していることがわかっています。名蔵湾にはアワビ類もサザエも生息しませんが、他の調査地点とは大きく性質の異なる名蔵湾の藻場を調査地点に加えて、藻場の生物群集の構造や季節的変動様式を比較することにより、海域による藻場生態系の違いを生み出す機構が明らかとなり、アワビ類とサザエに代表される底生生物の個体群動態、資源変動のしくみを解明できると考えています。

 

大槌湾での藻場分布調査
干潟観測風景

相模湾長井藻場での潜水調査

カテゴリー: 打ち合わせ,会議   パーマリンク

コメントは受け付けていません。