関連業績

論文等の発表 [2011年度] [2012年度] [2013年度] [2014年度]

 ( )内は業績の通し番号。本プロジェクト参加者の名前を太字で示した。

[2011年度]

  1. (001) 渡邊良朗 (2011). 豊かな海の恵みを取り戻す―「沿岸複合生態系」研究プロジェクトがスタート. Ocean Breeze No.7, 2-3.
  2. (002) 渡邊良朗 (2011). 自然変動する海洋生物資源の持続的利用. 遺伝 65, 27-31.
  3. (003) Yamane K, Shirai K, Nagakura Y, Otake T (2012). Assessing the usefulness of otolith elemental compositions for evaluating the population structure of the Pacific herring Clupea pallasii in northern Japan. Fish Sci 78: 295-307.

[2012年度]

  1. (004) Hayakawa J, Kawamura T, Ohashi S, Ohtsuchi N, Kurogi H and Watanabe Y (2012). Predation by neogastropods on Turbo cornutus juveniles and other small gastropods inhabiting coralline algal turfs. Fish Sci, 78: 309-325.
  2. (005) 河村知彦 (2012). アワビって巻貝?磯の王者を大解剖. 海の生き物シリーズ第5巻, 恒星社厚生閣,東京, 116pp.
  3. (006) 旭隆・黒木洋明・照井方舟・鬼塚年弘三宅陽一早川淳河村知彦・滝口直之・浜口昌巳・堀井豊充 (2011). 相模湾東岸における大型アワビ類浮遊幼生の出現動態に影響する環境要因.水産海洋研究 77: 10-20.
  4. (007) Hayakawa J, Kawamura T, Kurogi H and Watanabe Y (2013). Shelter effects of coralline algal turfs: protection for Turbo cornutus juveniles from predation by a predatory gastropod and wrasse. Fish Sci, 79: 15-20.
  5. (008) Won N-I, Kawamura T, Takami H and Watanabe Y (2013). Trophic structure in natural habitats of an abalone Haliotis discus hannai with distinct algal vegetation of kelp and crustose coralline algae. Fish Sci, 79: 87-97.9.
  6. (009) 渡邊良朗 (2012). 海の生産力に依存する水産業. Ship & Ocean Newsletter, 296: 4-5.
  7. (010) 渡邊良朗 (2012). イワシ-意外と知らないほんとの姿-. 海の生き物シリーズ第4巻, 恒星社厚生閣,  東京. 111pp.
  8. (011) 渡邊良朗 (2012). ニシン・イワシ類. 「最新水産ハンドブック」(島一雄ほか編集), 講談社, 東京. pp. 159-162. 699pp.
  9. (012) Matsui S, Inui R, Yamashita Y (2012). Distribution and habitat use of three Acentrogobius (Perciformes: Gobiidae) species in the coastal waters of Japan. Ichthyol Res 59: 373-377.
  10. (013) Yatsuya M, Ueno M, Yamashita Y (2012). Life history of the amphidromous shrimp Caridina leucosticta (Decapoda: Caridea:Atyidae) in the Isazu River, Japan. J Crustacean Biol 33: 488-502.
  11. (014)  上野正博・山下洋 (2012). 由良川. 「森と海を結ぶ川」(京都大学フィールド科学教育研究センター編)京都大学出版会, 京都. 81-97. (364pp.)
  12. (015) Funahashi T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). Effects of short time variation in the river discharge on the salt wedge intrusion in the Yura Estuary, a micro tidal estuary, Japan. J Water Res. Protect 5: 343-348.
  13. (016) Ichimi K, Kawamura T, Yamamoto A, Tada K, and Harrison P J (2012). Extremely high growth rate of the small diatom Chaetoceros salsugineum isolated from an estuary in the eastern Seto Inland Sea, Japan. Journal of Phycology, 48, 1284-1288.
  14. (017) Yamaguchi H, Katahira R, Ichimi K, Tarutani K, and Tada K (2013). Optically active components and light attenuation in an offshore station of Harima Sound, eastern Seto Inland Sea, Japan. Hydrobiologia 714, 49-59.
  15. (018) 高見秀輝 (2012). アワビ類の資源管理・増殖に関する新たな研究展開. 日本水産学会誌 78, 1196-1197.
  16. (019) 中家浩・高見秀輝 (2012). エゾアワビの異なる繁殖形態による加入機構の比較. 日本水産学会誌 78, 1217-1220.
  17. (020) 高見秀輝・深沢博達・河村知彦・村岡大祐 (2012). エゾアワビの成熟に及ぼす餌料の質・量の影響. 日本水産学会誌 78, 1205-1207.
  18. (021) 高見秀輝・元南一・河村知彦 (2012). エゾアワビの成長に伴う住み場の変化. 日本水産学会誌 78, 1213-1216.
  19. (022) Takami H, Won N-I, Kawamura T (2013). Impacts of the 2011 mega-earthquake and tsunami on abalone Haliotis discus hannai and sea urchin Strongylocentrotus nudus populations at Oshika Peninsula, Miyagi, Japan. Fish Oceanogr: 22, 113-120.
  20. (023) Tomiyama T, Uehara S, Kurita Y (2013). Feeding relationships among fishes in shallow sandy areas in relation to stocking of Japanese flounder. Mar. Ecol. Prog. Ser. 479, 163-175.

[2013年度]

  1. (024) 青木貴志・笠井亮秀・冨士泰期・上野正博山下洋 (2014). 由良川河口域における魚類群集と餌生物の季節変動. 水産海洋研究 78, 1-12.
  2. (025) Watanabe K, Kasai A, Yamashita Y (2014). Influence of salt-wedge intrusion on ecological processes at lower trophic levels in the Yura Estuary, Japan. Estuarine, Coastal and Shelf Science 139, 67-77.
  3. (026) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). Growth and migration patterns of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the Yura River estuary, Japan – combination of stable isotope ratio and otolith microstructure analyses –. Environmental Biology of Fishes.
  4. (027) Ohtsuchi N, Kawamura T, Takeda M (2014). Redescription of a poorly known epialtid crab Pugettia pellucens Rathbun, 1932 (Crustacea: Decapoda: Brachyura: Majoidea) and description of a new species from Sagami Bay, Japan. Zootaxa 3765, 557-570.
  5. (028) 一見和彦・山本昭憲・多田邦尚 (2013). 微細藻類の生活史に関わる再懸濁作用-冠水および再懸濁が干潟微細藻類の増殖に与える効果-. 沿岸海洋研究 51, 29-34.

[2014年度]

  1. (029) 白藤徳夫 (2014). 湖沼性ニシンにおける資源生態の解明. 豊かな海 34, 32-34.
  2. (030) 松井彰子・上野正博山下 洋 (2014). 京都府舞鶴湾の同所的生息地におけるキラハゼ属3種の成長および繁殖特性. 水産海洋研究 78(2), 75-85.
  3. (031) Itoh S, Tanaka Y, Osafune S, Yasuda I, Yagi M, Kaneko H, Konda S, Nishioka J, Volkov I N (2014). Direct breaking of large-amplitude internal waves in the Urup Strait. Progress in Oceanography 126, 109-120.
  4. (032) Belkin IM, Hunt GL, Hazen EL, Zamon JE, Schick RS, Prieto R, Brodziak J, Teo SL, Thorne L, Bailey H, Itoh S, Munk P, Musyl MK, Willis JK, Zhang W (2014). Fronts, fish, and predators. Deep-sea reasearch Part II 107, 1-2.
  5. (033) Oka E, Uehara K, Nakano T, Suga T, Yanagimoto D, Kouketsu S, Itoh S, Katsura S, Talley LD (2014). Synoptic observation of Central Mode Water in its formation region in spring 2003. Journal of Oceanography 70, 521-534.
  6. (034) Boldt J, Martone R, Samhouri J, Perry IJ, Itoh S, Chung IK, Takahashi M, Yoshie N (2014). Developing ecosystem indicators for responses to multiple stressors. Oceanography 27, 49-65.
  7. (035) Kouketsu S, Kaneko H, Okunishi T, Sasaoka K, Itoh S, Inoue R, Ueno H (2014). Mesoscale eddy effects on temporal variability of surface chlorophyll a in the Kuroshio Extension. Journal of Oceanography 70, in press.
  8. (036) Hasegawa N, Sawaguchi S, Unuma T, Onitsuka T, Hamaguchi M (2014). Variation in Manila clam (Ruditapes philippinarum) fecundity in eastern Hokkaido, Japan. Journal of Shellfish Research 33, 739-746.
  9. (037) Nosaka Y, Isada T, Kudo I, Saito H, Hattori H, Tsuda A, Suzuki K (2014). Light utilization efficiency of phytoplankton in the Western Subarctic Gyre of the North Pacific during summer. Journal of Oceanography 70, 91-103.
  10. (038) Itoh H, Nishioka J, Tsuda A (2014). Community structure of mesozooplankton and population structure of Limacina helicina and Clione limacina limacina in the western part of the Okhotsk Sea in summer. Progress in Oceanography 126, 224-232.
  11. (039) Yoshimura T, Nishioka J, Ogawa H, Kuma K, Saito H, Tsuda A (2014). Dissolved organic phosphorus production and decomposition during open ocean diatom blooms in the subarctic Pacific. Marine Chemistry 165, 46-54.
  12. (040) Onitsuka T, Niwa K, Unuma T, Umezu Y (2015). Dietary shifts in the juvenile sea urchin Strongylocentrotus intermedius associated with the development of digestive enzymes. Marine Biology 162: 869-880 (DOI: 10.1007/s00227-015-2630-z).

学会などにおける発表 [2011年度] [2012年度] [2013年度] [2014年度]

 ( )内は業績の通し番号。本プロジェクト参加者の名前を太字で示した。

[2011年度]

  1. (001) 伊佐見啓・津田敦 (2011). 津波後の動物プランクトン調査.三陸沿岸生態系に対する大津波の影響と回復過程に関する研究報告会 (東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センターシンポジウム), 大槌.
  2. (002) 河村知彦・高見秀輝 (2011). 磯のアワビやウニは津波でどうなったのか?これからどうなるのか?三陸沿岸生態系に対する大津波の影響と回復過程に関する研究報告会 (東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センターシンポジウム), 大槌.
  3. (003) 渡邊良朗 (2011). 文科省プロジェクト「沿岸海域複合生態系の変動機構に基づく生物資源生産力の再生・保全と持続的利用に関する研究」について. 平成23年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会 ニシン研究会議, 札幌.
  4. (004) 山根広大 (2011). 耳石微量元素組成に基づいたニシンの系群判別の試みと今後の課題. 平成23年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会 ニシン研究会議, 札幌.
  5. (005) 山根広大・大竹二雄 (2011). 宮古湾で生まれたニシン仔稚魚の生息環境. 三陸沿岸生態系に対する大津波の影響と回復過程に関する研究報告会 (東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センターシンポジウム), 大槌.
  6. (006) 津田敦・永田俊・河村知彦・福田秀樹 (2012). 津波による大槌湾生態系の変化と回復過程市民公開シンポジウム「大津波で被害を受けた沿岸域の生物多様性の現状~海辺の生きものたちはどうなっているのか~」, 仙台.
  7. (007) 早川 淳・張 成年・大土直哉・黒木洋明・河村知彦 (2012). 甲殻類によるサザエ稚貝の捕食とその捕食痕跡. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  8. (008) 伯耆匠二・河村知彦・元南一・渡邊良朗 (2012). アサリの摂餌行動および細胞外消化の周期性. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  9. (009) 伊佐見啓・津田敦 (2012). 岩手県大槌湾における動物プランクトン群集の津波による影響. 2012年日本海洋学会春季大会, 筑波.
  10. (010) Kawamura T, Takami H, Won N-I and Muraoka D (2012). Effects of the tsunami on rocky shore ecosystems and abalone populations on northeastern Pacific Coast of Japan. 8th International Abalone Symposium, ホバート, オーストラリア.
  11. (011) 中村慎太郎・河村知彦・鬼塚年弘・黒木洋明・渡邊良朗 (2012). 暖流域に生息するアワビ類3種の行動特性の比較. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  12. (012) Nakamura S, Kawamura T, Onitsuka T, Kurogi H and Watanabe Y (2012). Comparison of the behavioral patterns among Haliotis discus discus, H. gigantea and H. diversicolor. 8th International Abalone Symposium, ホバート, オーストラリア.
  13. (013) Onitsuka T, Kawamura T and Horii T (2012) Factors affecting settlement, survival and growth of post-larval abalone Haliotis diversicolor. 8th International Abalone Symposium, ホバート, オーストラリア.
  14. (014) 大土直哉・河村知彦・早川 淳・元 南一・黒木洋明・渡邊良朗 (2012). 相模湾長井沿岸の小型紅藻群落における甲殻類群集の種組成および食物網構造. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  15. (015) Won N-I, Brandt AT, Takami H, Kawamura T and Watanabe Y (2012). Multitrophic interactions among juvenile abalone Haliotis discus hannai, sea urchin Strongylocentrotus nudus, and spider crab Pugettia quadridens on subtidal rocky reefs in northeastern Pacific coast of Japan. 8th International Abalone Symposium, ホバート, オーストラリア.
  16. (016) 山根広大・長倉義智・野田勉・藤浪祐一郎・青野英明・渡邊良朗 (2012). 震災後の宮古湾におけるニシン稚魚の成育. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  17. (017) 南 憲吏・益田 玲爾・横山 寿・上野 正博・大嶋 真謙・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-1 底質組成からみた舞鶴湾の環境と水域区分. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  18. (018) 舟橋 達宏・笠井 亮秀・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-2 数値モデルによる由良川河口域の低次生産構造の解明. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  19. (019) 渡辺 謙太・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-3 河川流入と沿岸域の植物プランクトン生産. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  20. (020) 秋山 諭・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-4 成長実験によるニホンハマアミの生産量推定. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  21. (021)  Emily S. Antonio・笠井 亮秀・石樋 由香・横山 寿・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-5 物理環境とマクロベントス摂餌生態の時空間変化. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  22. (022)  冨士泰期・笠井 亮秀・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-6 スズキ稚魚における回遊と成長との関係. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  23. (023)  青木 貴志・笠井 亮秀・冨士 泰期・上野 正博・山下 洋 (2012). 由良川・丹後海における生物生産構造-7 由良川河口域におけるハゼ科魚類群集構造と食性. 平成24年度日本水産学会春季大会, 東京.
  24. (024)  渡辺 謙太・福﨑 康司・秋山 諭・上野 正博・山下 洋 (2011). 由良川河口域の植物プランクトン群集に対する河川の影響. 2011年日本ベントス学会・日本プランクトン学会共同大会, 高知.
  25. (025)  Bhandare C, Yamashita Y (2011). Intra-specific differences in hatch dates, growth rates, condition and meristics between two populations of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, in Tango Sea, Japan. The 8th International Flatfish Symposium, Ijmuiden, The Netherlands.
  26. (026)  Watanabe K, Fukuzaki K, Akiyama S, Ichimi K, Kasai A, Fukushima K, Ueno M, Yoshioka T, Yamashita Y (2012). The influence of estuarine conditions on the dynamics of a coastal phytoplankton community in a micro-tidal estuary: Yura River Estuary, Japan. AGU 2011 Fall Meeting, San Francisco, USA.
  27. (027) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2012). Use of salt-wedge intrusion by temperate seabass juveniles to ascend to upper estuary areas in the Yura River, Japan.21st Biennial Conference of the Coastal and Estuarine Research Federation, Daytona, USA.
  28. (028)  桑田博・高見秀輝・野田勉・藤浪祐一郎・村岡大祐・青野英明 (2011). 三陸沿岸の岩礁藻場とアマモ場に及ぼした津波の影響. 第9回環境研究シンポジウム, 東京.
  29. (029)  高見秀輝 (2012) エゾアワビ資源に対する東北地方太平洋沖地震と津波の影響.第1回アワビ研究会,横浜.
  30. (030)  Hasegawa N, Onitsuka T, Abe H, Kishi M, Nakaoka M, Horii T (2011). Indicator of productive estuarine ecosystems and fisheries using macrophytes. PICES-2011, Khabarovsk, Russia.

[2012年度]

  1. (031) 伯耆匠二・河村知彦・元南一・渡邊良朗 (2012). アサリは珪藻の細胞殻を消化管内でどの程度分解できるか?平成 24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  2. (032) Houki S, Kawamura T, Won N-I and Watanabe Y (2012). The periodicity of feeding and digestion in the manila clam. The Second International Symposium on Asari (Manila) Clam, 釜山, 韓国.
  3. (033) Isami H, and Tsuda A (2012). Effects of tsunami on zooplankton communities in Otsuchi Bay, northern Japan. PICES Annual Meeting, 広島.
  4. (034) 河村知彦 (2012). アワビ類の生態的特性からみた資源管理、漁場管理、増殖のあり方. 第2回水産談話研究会「アワビい資源回復・再生産研究の現状と課題」, 東京.
  5. (035) 河村知彦 (2012). 東日本大震災後の沿岸生態系の変遷-生物資源を持続的に利用し続けるために必要なこと. 海洋アライアンスシンポジウム:第7回東京大学の海研究「人と海のかかわりの将来像」, 東京.
  6. (036) 河村知彦  (2012). 陸の沿岸生態系・生物資源は地震と津波でどうなったのか?今後どうなるのか? いわて海洋研究コンソーシアム平成24年度第1回研究機関ネットワーク交流会, 盛岡.
  7. (037) 河村知彦 (2012). 三陸のアワビは津波でどうなったのか?これからどうなるのか? 第50回海中海底工学フォーラム, 柏.
  8. (038) 河村知彦 (2012). アワビのはなし.  平成24年度東京大学大気海洋研究所一般公開講演会, 柏.
  9. (039) 河村知彦  (2012). 東北地方太平洋沖地震とそれに伴う津波が沿岸生態系に与えた影響. 平成24年度自然史学会連合講演会「自然災害とナチュラルヒストリー」, 宇都宮.
  10. (040) 長倉義智・野田勉・山根広大・大河内裕之 (2012). 宮古湾放流ニシンの高齢魚での再捕. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 山口.
  11. (041) 大土直哉・河村知彦・早川淳・黒木洋明・高見秀輝・渡邊良朗 (2012) ヨツハモガニPugettia quadridensの分類学的再検討. 日本甲殻類学会第50回大会, 熊本.
  12. (042) 大土直哉・河村知彦・高見秀輝・元南一・渡邊良朗 (2012). 牡鹿半島泊浜沿岸の海藻群落における東北地方太平洋沖地震後の甲殻類群集の変化. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  13. (043) 武邑沙友里・白藤徳夫山根広大・堀井貴司・河村知彦渡邊良朗 (2012) ニシンの産卵親魚および卵仔魚のサイズの海域間比較. 水産海洋学会創立50周年記念大会, 東京.
  14. (044) 津田敦・伊佐見啓・福田秀樹・永田俊 (2012). 津波による海洋環境とプランクトン群集の変化. プランクトン・ベントス学会公開シンポジウム「プランクトンとベントス-3.11大地震と放射性物質」, 東京.
  15. (045) 山根広大・長倉義智・河村知彦・渡邊良朗 (2012). 宮古湾におけるニシン仔稚魚の付加人成長-地震・津波前後での比較-. 平成24年度北海道ブロック水産業関係研究開発推進会, ニシン資源研究会, 北海道.
  16. (046) 山根広大・長倉義智・河村知彦・渡邊良朗 (2012). 宮古湾におけるニシン仔稚魚の付加人成長-地震・津波前後での比較-. 水産海洋学会創立50周年記念大会, 東京.
  17. (047) 長倉義智・野田勉・山根広大・藤波祐一郎・清水大輔・大河内裕之・渡邊良朗. (2013). 宮古湾におけるニシン資源の最近の動向. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  18. (048) 津田敦・西部裕一郎 (2013). 東北沿岸の富裕生態系に対する津波の影響と長期モニタリング. 沿岸環境関連学会連絡協議会 第28回ジョイントシンポジウム「沿岸環境モニタリング、実施・継続には今、何が必要か-学会と公設試:水産試験場との相互関係を考える-」, 東京.
  19. (049) 山根広大 (2013). 宮古湾におけるニシン・イワシ類3種シラスの出現. 親潮系冷水域におけるカタクチイワシの資源生態学ワークショップ, 千葉.
  20. (050) 銭本慧・伊藤幸彦・笠井亮秀・木村伸吾 (2013). 丹後会の流動構造と変動特性. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  21. (051) Watanabe K, Fukuzaki K, Akiyama S, Ichimi K, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2012). Influence of river flow on the dynamics of phytoplankton blooms during winter to spring in a micro-tidal estuary: Yura River Estuary, Japan. 50th ECSA (Estuarine Coastal Science Association) Conference, ベニス, イタリア.
  22. (052) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2012). Relative contribution of the river nursery areas to temperate seabass Lateolabrax japonicus adult population revealed by otolith Sr:Ca ratio. 50th ECSA (Estuarine Coastal Science Association) Conference, ベニス, イタリア.
  23. (053) 松井彰子・上野正博・中山耕至・甲斐嘉晃・山下洋 (2012). 若狭湾西部海域におけるスジハゼ複合種群仔魚の分布・分散生態. 日本魚類学会・2012年度日本魚類学会年回, 下関.
  24. (054) 南憲吏・高橋宏司・益田玲爾・上野正博・大嶋真謙・山下洋 (2012). 放流時の天然および人口稚ナマコの行動の違い. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  25. (055) 荻野裕平・福西悠一・山下洋・山本昌幸・桑原卓哉・中野光・小路淳 (2012). ヒラメ着底稚魚の摂餌と餌料生物環境: 若狭湾と瀬戸内海の比較. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  26. (056) 桑原卓哉・一見和彦・岩本有司・冨士泰期・笠井亮秀・山下洋・荻野裕平・中野光・小路淳 (2012). 3つの河川の下流~河口域におけるスズキ仔稚魚の摂餌生態比較. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  27. (057) 青木貴志・冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2012). 由良川河口域における魚類群集と餌生物の相互関係. 平成24年度水産学会近畿支部後期例会, 大阪.
  28. (058) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2012). 河川はスズキの生育場として重要なのか?-耳石Sr/Caによるアプローチ-. 平成24年度水産学会近畿支部後期例会, 大阪.
  29. (059) 安佛かおり・舟橋達宏・笠井良秀・上野正博・山下洋 (2012). 由良川河口域における浮遊藻類の分布と一次生産について. 日本陸水学会第77回大会, 名古屋.
  30. (060) 安佛かおり・舟橋達宏・石井健一郎・笠井良秀・上野正博・山下洋 (2013). 由良川河口域における植物プランクトンの基礎生産構造. 日本生態学会静岡大会, 静岡.
  31. (061) 荻野裕平・福西悠一・山下洋・山本昌幸・桑原卓哉・中野光・小路淳 (2013).ヒラメ着底稚魚の摂餌の成長: 若狭湾と瀬戸内海の比較. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  32. (062) 桑原卓哉・冨士泰期・笠井良秀・山下洋・一見和彦・岩本有司・荻野裕平・中野光・小路淳 (2013). 日本海と瀬戸内海に流入する河川におけるスズキの初期生態比較. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  33. (063) 笠井亮秀・安佛かおり・舟橋達宏・石井健一郎・上野正博・山下洋 (2013). 弱混合型エスチャリー由良川における基礎生産構造. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  34. (064) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2013). スズキ稚魚の 河川遡上メカニズム -1. 塩水遡上との関係. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  35. (065) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2013). スズキ稚魚の 河川遡上メカニズム -2. 水温との関係. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  36. (066) Ichimi K, Kawamura K, Tada K, and Harrison P J (2012). Extremely high growth potential of small Chaetoceros spp. isolated from an estuary in the Seto Inland Sea, Japan. ASLO Aquatic Sciences Meeting, Shiga, Japan.
  37. (067) Higashizono K, Ichimi K, Okumura Y, and Tada K. (2012). Dynamics of microalgal community in an estuarine tidal flat ecosystem in the Seto Inland Sea, Japan. ASLO Aquatic Sciences  Meeting, Shiga, Japan.
  38. (068) Yamaguchi H, Katahira R, Asahi T, Ichimi K, Tada K (2012). Influence of particulate materials on water clarity in Harima Nada, the eastern Seto Inland Sea, Japan. ASLO Aquatic Sciences  Meeting, Shiga, Japan.
  39. (069) Yamaguchi H, Katahira R, Ichimi K, Tada K (2013). Optically active components and light attenuation in an offshore station of Harima Sound, eastern Seto Inland Sea, Japan. ASLO  Aquatic Sciences Meeting, Shiga, Japan.
  40. (070) 山口一岩・白石真大・一見和彦・多田那尚 (2012). 志度湾における植物プランクトンの生物量および酸素法による光合成-光曲線の季節変動. 瀬戸内フォーラム in 岡山.
  41. (071) 東薗圭吾・一見和彦・杉本康平・山口一岩・多田那尚 (2012). 河口干潟域生息する植物プランクトン群集の増殖特性. 2012年度日本プランクトン学会日本ベントス学会合同大会.
  42. (072) 平出直人・岸本浩二・一見和彦・多田那尚・山口一岩 (2013). 備讃瀬戸における栄養塩濃度の変動. 2013年度日本海洋学会春季大会.
  43. (073) 東薗圭吾・一見和彦・杉本康平・山口一岩・多田那尚 (2013). 干潟域に生息する植物プランクトン群集の増殖に及ぼす環境因子. 2013年度日本海洋学会春季大会.
  44. (074) 朝日俊雅・上里友子・山口一岩・一見和彦・多田那尚 (2013). 内湾におけるアマモ場の栄養塩収支. 2013年度日本海洋学会春季大会.
  45. (075) 山口一岩・三浦友浩・一見和彦・多田那尚 (2013). 潮下帯泥底に生息する底生微細藻類群集の捕集法の検討ならびに光合成能の評価. 平成25年度日本水産学会春季大会.
  46. (076) 白石真大・一見和彦・多田那尚・山口一岩 (2013). 志度湾における植物プランクトンの生物量, 光合成-光曲線, 生産量の季節変動. 平成25年度日本水産学会春季大会.
  47. (077) Takami H, Won N-I, Kawamura T (2012). Ontogenetic habitat shift in abalone Haliotis discus hannai. 8th International Abalone Symposium, Hobart, Australia.
  48. (078) Takami H, Kawamura T, Muraoka D, Won N-I, Nakaie H (2012). Effects of the mega-earthquake and tsunami on rocky shore ecosystems on Sanriku Coast, Japan. PICES-2012, Hiroshima.
  49. (079) 高見秀輝・河村知彦 (2012). 三陸沿岸のエゾアワビ, キタムラサキウニ個体群に対する東日本大震災の影響. 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「バイオミネラリゼーションと石灰化-遺伝子から地球環境まで-」, 柏.
  50. (080) 高見秀輝 (2012). 大津波の攪乱で三陸のアワビはどうなったのか?第10回環境研究シンポジウム, 東京.
  51. (081) 高見秀輝 (2013). 我が国におけるアワビ資源生態研究の現状-エゾアワビ-. 第2回アワビ研究会, 横浜.
  52. (082) Hasegawa N, Onitsuka T (2012). Damage from the tsunami on the Asari clam fishery in east Hokkaido, Japan and the problems in its recovery. PICES-2012 Program and Abstracts p. 142. Hiroshima.
  53. (083) Hasegawa, N, Sawaguchi, S, Unuma, T, Hamaguchi, M (2012). Variation in spawning of Asari clam Ruditapes philippinarum in eastern Hokkaido, Japan. The Second International Symposium on Asari (Manila) Clam. Busan, Korea.
  54. (084) 白藤徳夫・中川亨・守岡泰三・村上直人・市川卓・武山悟・谷内俊之・安藤忠 (2012). 北海道厚岸湖におけるニシン仔稚魚の分布特性. 水産海洋学会創立50周年記念大会, 東京.
  55. (085) 白藤徳夫・中川亨・村上直人・市川卓・武山悟 (2013). 北海道厚岸湖におけるニシン稚魚の分布とふ化日. 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京.
  56. (086) 白藤徳夫 (2012). 厚岸ニシン生態調査 H24年度仔稚魚調査について. 平成24年度北海道ブロック水産業関係理研究開発推進会ニシン資源研究会, 札幌.
  57. (087) 岡崎雄二・栗田豊・上原伸二 (2012). 仙台湾浅海砂浜域における魚類相の変化 -震災前後の比較-. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 下関.
  58. (088) Okazaki Y, Kurita Y, Uehara S (2012). Changes in the demersal fish communities of the sandy beach in Sendai Bay after the disturbance by the tsunami. PICES-2012, Hiroshima.
  59. (089) 冨山毅・上原伸二・栗田豊 (2012). 常磐海域のヒラメ生育場における網類をめぐる魚類の食物関係. 水産海洋学会創立50周年記念大会, 東京.
  60. (090) 安藤大樹・池田実・栗田豊・中根幸則・木島明博 (2012). 仙台湾における津波後に出生したヒラメ年級群の遺伝的多様性. 日本水産学会, 東京.

[2013年度]

  1. (091) 八谷三和・上野正博・山下洋 (2013). 京都府伊佐津川および由良川における淡水性エビ類の分布 (口頭) . 平成25年度日本海甲殻類研究会, 京都府舞鶴市.
  2. (092) Yamaguchi H, Tamura T, Katahira R, Ichimi, K. Tada, K (2013). Factors affecting temporal variation of light attenuation in a shallow embayment in the eastern Seto Inland Sea, Japan (口頭). AOGS 10th Annual Meeting, Brisbane, Australia.
  3. (093) 西部裕一郎・伊佐見啓・福田秀樹・永田俊・津田敦 (2013). 東日本大震災以後の岩手県大槌湾における植物プランクトン群集の動態 (口頭). 2013年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 東北大学.
  4. (094) 高見秀輝・河村知彦・大土直哉 (2013). 岩礁藻場の底生動物群集に対する震災の影響とその後の回復過程Ⅰ-宮城県牡鹿半島- (ポスター). 平成25年度日本水産学会秋季大会, 三重大学.
  5. (095) 高見秀輝・村岡大祐・栗田豊・河村知彦・大土直哉 (2013). 岩礁藻場の底生動物群集に対する震災の影響とその後の回復過程Ⅱ-岩手県大槌湾-(ポスター). 平成25年度日本水産学会秋季大会, 三重大学.
  6. (096) 伯耆匠二・河村知彦・渡邊良朗 (2013). 潮間帯および潮下帯におけるアサリの摂餌周期 (口頭). 平成25年度日本水産学会秋季大会, 三重大学.
  7. (097) 田村昂広・片平諒・多田邦尚・一見和彦・山口一岩 (2013). 浅海域における光減衰係数の時間変動を支配する要因 (口頭). 2013年度日本海洋学会秋季大会, 北海道大学.
  8. (098) 平出直人・東薗圭吾・一見和彦・多田邦尚・山口一岩 (2013). 瀬戸内海海峡部 (備讃瀬戸)における植物プランクトン生産の季節変動 (口頭). 2013年度日本海洋学会秋季大会, 北海道大学.
  9. (099) 朝日俊雅・山口一岩・一見和彦・多田邦尚 (2013). 河口干潟域におけるリンを指標とした懸濁粒子の挙動 (口頭). 2013年度日本海洋学会秋季大会, 北海道大学.
  10. (100) 一見和彦・本多美雪・東薗圭吾・山口一岩・浜口昌巳・多田邦尚 (2013). 瀬戸内海備讃瀬戸におけるアサリ(Ruditapes philippinarum)の個体群動態-成長段階ごとに行った観測モニターから (口頭). 2013年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 東北大学.
  11. (101) Takami H, Nakaya H (2013). Impacts of the 2011 mega-earthquake and tsunami on Ezo abalone Haliotis discus hannai at Iwaisaki, Miyagi, Japan (口頭). The 15th French-Japanese Conference of Oceanography, マルセイユ.
  12. (102) Kasai A, Funahashi T, Anbutsu K, Ishii K, Ueno M, Yamashita Y (2013). Subsurface chlorophyll maximum in a stratified estuary (口頭). 2013 Global Congress on ICM: Lessons learned to address new challenges, Marmaris, Turkey.
  13. (103) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). Mechanisms of river ascending by juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus. (ポスター). 2013 Global Congress on ICM: Lessons learned to address new challenges, Marmaris, Turkey.
  14. (104) Kawamura T (2013). Changes in marine ecosystems attacked by the mega-earthquake and subsequent massive tsunami on Pacific coast of northeast Japan (口頭). International Conference on Science and Technology for Sustainability, 東京都.
  15. (105) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2013). スズキ稚魚に対する河川の役割(口頭). 第3回日本海研究集会 「みえる水(河川表流水)・みえない水(地下水)を通した陸域と海域のつながり」, 小浜市.
  16. (106) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2013). かわいい子には旅をさせよ ~スズキの遡河群と沿岸群の初期生活史~ (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  17. (107) 伊藤幸彦・笠井亮秀・木村伸吾 (2013). 複合生態系モデリング:現状と課題 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  18. (108) 南憲吏・益田玲爾・高橋宏治・澤田英樹・上野正博・山下洋 (2013). 舞鶴湾におけるマナマコの分布密度の季節変化と生息環境 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  19. (109) 澤田英樹・山崎哲也・南憲吏・上野正博・山下洋 (2013). 舞鶴湾のマナマコ幼生出現傾向からみた産卵周期と分散傾向 (ポスター). 2013年度水産海洋学会研究発表大会, 京都大学.
  20. (110) 山崎哲也・南憲吏・上野正博・山下洋 (2013). 丹後海における底質環境 (ポスター). 2013年度水産海洋学会研究発表大会, 京都大学.
  21. (111) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). Mechanisms of the river ascent of juveniles seabass (ポスター). International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, Kyoto University.
  22. (112) Anbutsu K, Funahashi T, Ishii K, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). Standing stocks and productivity of phytoplankton in the Yura River estuary (ポスター). International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, Kyoto University.
  23. (113) Funahashi T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2013). The effect of hydrographic conditions on the primary production in the Yura Estuary, Japan (ポスター). International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, Kyoto University.
  24. (114) Akiyama S, Watanabe K, Yamashita Y (2013). Flexible feeding of a mysid shrimp and the role as a mediator in a coastalfood web (ポスター). International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, Kyoto University.
  25. (115) Watanabe K, Kasai A, Fukusaki K, Ueno M, Yamashita Y (2013). Linkage between coastal phytoplankton production and river discharge in the Yura River Estuary, Japan (ポスター). International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, Kyoto University.
  26. (116) 津田敦・西部裕一郎・立花愛子 (2013). 震災後の大槌湾の動・植物プランクトン群集 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  27. (117) 長谷川夏樹・鬼塚年弘 (2013). 北海道厚岸湖におけるアサリの個体群動態 (ポスター). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  28. (118) 一見和彦・長谷川夏樹・伯耆匠二・河村知彦・山口一岩・鬼塚年弘 (2013). アサリ資源を支える沿岸生態系と一次生産者 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  29. (119) 河村知彦・高見秀輝・早川淳・大土直哉・鬼塚年弘・白藤徳夫・三宅陽一・木村伸吾 (2013). 岩礁藻場生態系におけるマイクロハビタットの構造と機能 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  30. (120) 栗田豊・福西悠一・荻野裕平・小路淳・山下洋 (2013). ヒラメ0~1歳魚の成育場・沖合生息場の利用様式とその生態的意義 (口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  31. (121) 山根広大・白藤徳夫・渡邊良朗 (2013). ニシンの産卵場・成育場としての沿岸複合生態系(口頭). 2013年度水産海洋学会シンポジウム, 京都大学.
  32. (122) 青木貴志・高林長将・冨士泰期・舟橋達宏・栗田豊・和田敏裕・日比野学・笠井亮秀・山下洋 (2013). スズキ仔稚魚の成長に関する海域間比較 ‐耳石日周輪解析によるアプローチ‐ (口頭). 2013年度水産学会近畿支部後期例会, 大阪市.
  33. (123) 冨士泰期・笠井亮秀・上野正博・山下洋 (2014). 由良川河口域におけるスズキ稚魚の摂餌生態と餌環境 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  34. (124) 舟橋達宏・笠井亮秀・鈴木啓太・上野正博・山下洋 (2014). 若狭湾西部海域における一次生産構造の季節変化 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  35. (125) 笠井亮秀・青木貴志・高林長将・冨士泰期・舟橋達宏・栗田豊・和田敏裕・日比野学・山下洋 (2014). スズキ仔稚魚の成長に影響を及ぼす環境要因 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  36. (126) 藤野匠・澤田英樹・益田玲爾・市川光太郎・三田村啓理・荒井修亮 (2014). バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得 3 マナマコへのタグ外部装着方法の開発 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  37. (127) 藤野匠・澤田英樹・益田玲爾・市川光太郎・三田村啓理・荒井修亮 (2014). バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得 4 超音波発信器を用いたマナマコへのテレメトリー手法の開発 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  38. (128) 高橋宏司・益田玲爾 (2014). 舞鶴湾におけるアサリ資源再生方策① -減耗要因についての研究- (ポスター). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  39. (129) 桑原拓哉・冨士泰期・鈴木啓太・笠井明秀・山下洋・岩本裕治・小路淳 (2014). 日本海と瀬戸内海に流入する河川におけるスズキの初期生態:特に栄養段階の違いについて (ポスター). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  40. (130) 荻野裕平・福西悠一・山下洋・山本昌幸・益井敏光・冨山毅・小路淳 (2014). 若狭湾西部と瀬戸内海中央部におけるヒラメ着底稚魚の食性:安定同位体比分析による比較 (ポスター). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  41. (131) 早崎裕一・西川淳・津田敦 (2014). 干潟に流入出する沿岸性浮遊珪藻の個体群動態 (口頭). 2014年度日本海洋学会春季大会, 東京海洋大学.
  42. (132) 田中潔・羽角博康・伊藤幸彦・小松幸生・柳本大吾・坂本天・浦川昇吾・石津美穂・道田豊・津田敦・斎藤馨・木暮一啓 (2014). 三陸沿岸における海洋循環と海洋環境の実態解明へ向けた研究展開 (口頭). 2014年度日本海洋学会春季大会, 東京海洋大学.
  43. (133) 白藤徳夫・山根広大・鬼塚年弘・中川亨・村上直人・武山 悟 (2014). 北海道厚岸周辺海域におけるニシンの産卵場 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  44. (134) 大土直哉・河村知彦・早川淳・黒木洋明・渡邊良朗 (2014). 模湾長井沿岸におけるヨツハモガニPugettia quadridensの出現動態 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  45. (135) 伯耆匠二・河村知彦・小川展弘・渡邊良朗 (2014). アサリ着底初期稚貝に対する数種の珪藻の餌料価値 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  46. (136) 中本健太・早川淳・山田秀秋・北川貴士・河村知彦・渡邊良朗 (2014). 石垣島名蔵湾の海草・海藻混生藻場における葉上動物群集の動態 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.
  47. (137) 早川淳・大土直哉・黒木洋明・河村知彦 (2014). サザエ稚貝に対するカジメとマクサの餌料価値の比較 (口頭). 平成26年度日本水産学会春季大会, 北大水産学部.

[2014年度]

  1. (138) 伊藤幸彦・伊藤進一 (2014). 魚類生産モデリング: 物質循環への影響と生態系サービス評価 (口頭). 2014年度地球惑星連合大会,横浜市.
  2. (139) Itoh S, Hasumi H (2014). Modelling recruitment variability of marine fish (ポスター). AMEMR2014,英国プリマス海洋研究所.
  3. (140) 中本健太・早川淳・山田秀秋・北川貴士・河村知彦渡邊良朗 (2014). 石垣島名蔵湾の海草・海藻混生藻場における葉上動物群集の動態 (口頭). 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,広島大学.
  4. (141) 澤田英樹・高橋宏司・益田玲爾山下 洋 (2014). マナマコ浮遊幼生出現数からみた月齢と産卵の関係 (口頭). 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,広島大学.
  5. (142) 井上博・山崎哲也・澤田英樹鈴木啓太上野正博山下洋 (2014). 丹後海におけるカニ類の群集構造について (ポスター). 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,広島大学.
  6. (143) 長谷川夏樹鬼塚年弘・阿部博哉 (2014). 道東厚岸海域におけるアサリ幼生量と稚貝量の関係 (ポスター). 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,広島大学.
  7. (144) 安佛かおり・舟橋達宏・石井健一郎・笠井亮秀上野正博山下 洋 (2014). 由良川下流から河口域における基礎生産 (口頭). 日本陸水学会第79回大会,筑波大学.
  8. (145) 伊藤幸彦・金子仁・纐纈慎也・奥西武 (2014). 太平洋の中規模渦分布と低次生産 (口頭). 2014年度日本海洋学会秋季大会,長崎大学.
  9. (146) 早川淳・中本健太・大土直哉・丹羽健太郎・黒木洋明・河村知彦 (2014). 相模湾長井におけるアワビ類当歳貝の付付着する転石の性状について (口頭). 平成26年度日本水産学会秋季大会,九州大学.
  10. (147) Ohtsuchi N, Kawamura T, Hayakawa J, Kurogi H, Watanabe Y (2014). Population dynamics of two kelp crab species of the genus Pugettia (Decapoda: Brachyura: Epialtidae) on the coast of Nagai, Sagami Bay. (口頭). IAA & CSJ Joint International Conference on Crustacea,札幌市.
  11. (148) Ohtsuchi N, Kawamura T, Watanabe Y (2014). Taxonomic relationship between Pugettia quadridens and P. intermedia (Decapoda: Brachyura: Epialtidae) (ポスター). IAA & CSJ Joint International Conference on Crustacea,札幌市.
  12. (149) 山﨑哲也・澤田英樹上野正博・横山 壽 ・山下 洋 (2014). 若狭湾西部(丹後海)における堆積物中の有機量とそ起源の季節変動 (口頭). 平成26年度日本水産学会秋季大会,九州大学
  13. (150) 荻野 裕平・山下 洋・福西悠一・山本 昌幸・益井 敏光・冨山 毅・小路 淳 (2014). ヒラメ稚魚の餌料生物環境と成長~若狭湾西部と瀬戸内海中央部との比較~ (ポスター). 平成26年度日本水産学会秋季大会,九州大学.
  14. (151) 桑原卓哉・冨士泰期・鈴木啓太笠井亮秀山下 洋・岩本有司・小路 淳 (2014). 異なる河川におけるスズキ稚魚の摂餌生態と成長~下流域におけるアミ類の分布と稚魚の摂餌~ (口頭). 平成26年度日本水産学会秋季大会,九州大学.
  15. (152) 山口真以・益田玲爾山下 洋 (2014). マナマコの行動を支配する要因:餌、捕食および学習の可能性 (口頭). 平成26年度日本水産学会秋季大会,九州大学.
  16. (153) Shirafuji N, Nakagawa T, Murakami N, Morioka T, Watanabe Y (2014). Habitat change in early life stages of Pacific herring Clupea pallasii (ポスター). The Johan Hjort Symposium on Recruitment Dynamics and Stock Variability, Bergen, Norway.
  17. (154) Kasai A (2014). High fishery production supported by complex coastal ecosystems (口頭). PICES 2014 Annual Meeting (Yeosu, Korea).
  18. (155) Fuji T, Kasai A, Ueno M, Yamashita Y (2014). Relative contribution of estuarine nursery areas to the adult population of the temperate seabass Lateolabrax japonicus in Tango Bay, as revealed by otolith Sr:Ca ratios (口頭). 5th International Otolith Symposium. (Mallorca, Spain).
  19. (156) Itoh S, Yasuda I, Ueno H, Suga T, Kakehi S (2014). Regeneration of a warm anticyclonic ring by cold water masses within the western subarctic gyre of the North Pacific (ポスター). PICES 2014 Annual Meeting (Yeosu, Korea).
  20. (157) 安佛かおり・舟橋達宏・渡辺謙太・秋山諭・上野正博笠井亮秀山下洋 (2014). 由良川河口から丹後海における基礎生産構造 (口頭). 2014年度生物地球化学研究,京都大・舞鶴市.
  21. (158) 冨士泰期・鈴木啓太上野正博笠井亮秀山下 洋 (2014). 沿岸性魚類スズキにおける河川・河口域の重要性 (口頭). 2014年度生物地球化学研究会,京都大, 舞鶴市.
  22. (159) 白藤 徳夫・中川 亨・村上直人・伊藤 明・鬼塚 年弘・横田 高士 (2014). 厚岸ニシン初期生態調査 (口頭). 平成26年度北海道ブロック水産業関係開発推進協議会 ニシン資源研究会,札幌市.
  23. (160) 白藤徳夫・長倉義智 (2014). 尾駮沼ニシンについて (口頭). 平成26年度北海道ブロック水産業関係開発推進協議会 ニシン資源研究会,札幌市.
  24. (161) Inoue H, Christensen V, Yamashita Y (2014). Temporal and spatial variability in overfished coastal ecosystems: a case study from Tango Bay, Japan (口頭). Conference “Ecopath 30 years – Modelling ecosystem dynamics: beyond boundaries with EwE”,Barcelona, Spain.
  25. (162) 伊藤幸彦・羽角博康 (2014). 大変動する資源の加入過程モデリング (口頭). 2014年度水産海洋学会研究発表大会,中央水産研究所.
  26. (163) 村瀬偉紀・村上直人・白藤徳夫河村知彦渡邊良朗 (2014). 厚岸ニシンの漁獲量変動に伴う産卵親魚の生物特性の変化 (口頭). 2014年度水産海洋学会研究発表大会,中央水産研究所.
  27. (164) 曽我部共生・高林長将・冨士泰期・鈴木啓太笠井亮秀山下 洋 (2014). 生息環境ごとのスズキ仔稚魚の成長の差異とその要因 (口頭). 2014年度水産学会近畿支部例会,京都大.
  28. (165) 高林長将・曽我部共生・鈴木啓太笠井亮秀山下洋栗田豊 (2014). スズキ稚魚食性の海域間比較 (口頭). 2014年度水産学会近畿支部例会,京都大.
  29. (166) 津田敦 (2015). 海洋の震災に対する行政・研究機関の対応 (口頭). 第3回国連防災世界会議パブリックフォーラム「津波が沿岸域の船舶や海洋環境に与える影響」,仙台市.
  30. (167) Itoh S, Yasuda I, Ueno H, Suga T, Kakehi S (2015). Regeneration of an ocean anticyclone: from warm to cold (口頭). AORI-UH Joint Symposium,東京大学大気海洋研究所.
  31. (168) 安佛かおり・笠井亮秀一見和彦山口一岩・大美博昭・秋山諭・宮原一隆・山本昌幸 (2015). 東部瀬戸内海における基礎生産 (ポスター). 第62回日本生態学会大会,鹿児島大.
  32. (169) 立花愛子・西部裕一郎・津田敦 (2015). 日本沿岸域におけるAcartia hudsonicaの 地理分布と種内多様性 (口頭). 日本プランクトン学会シンポジウム「Acartia属 カイアシ類の生物学」,東京都.
  33. (170) 伊藤幸彦・西川悠・小松幸生・安田一郎 (2015). 黒潮域における物理環境とイワシ類仔稚魚の輸送・成長特性 (口頭). 2015年度水産海洋学会シンポジウム,東京海洋大学.
  34. (171) 西部裕一郎・伊佐見啓・福田秀樹・永田俊・立花愛子・津田敦 (2015). 岩手県大槌湾における津波後の動物プランクトンの動態 (口頭). 2015年度日本海洋学会春季大会,東京都.
  35. (172)津田敦 (2015). A-ライン観測黎明期の取りまとめ (口頭). 日本海洋学会春季大会シンポジウム「A-lineモニタリングから海洋モニタリングの可能性を探る」,東京都.
  36. (173) 大土直哉河村知彦早川 淳・黒木洋明・渡邊良朗 (2015). 相模湾長井沿岸に生息するヨツハモガニ(狭義)の海藻類藻体に対する選好性とその成長に伴う変化 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  37. (174) 梅津裕也・河村知彦大土直哉早川 淳・福田介人・高見秀輝渡邊良朗 (2015). 牡鹿半島東岸におけるエゾバフンウニとキタムラサキウニの棲み場と食性について (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  38. (175) 梅津裕也・鬼塚年弘白藤徳夫河村知彦渡邊良朗 (2015). 飼育環境下におけるエゾバフンウニとキタムラサキウニの食性比較 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  39. (176) 伯耆匠二・河村知彦・小川展弘・渡邊良朗 (2015). アサリの消化管内における珪藻細胞の破壊機構 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  40. (177) 古川元希・三田村啓理・ 澤田英樹・市川光太郎・山下洋・奥山隼一・荒井修亮 (2015).バイオテレメトリーによる水圏生物の行動情報の取得 5. 舞鶴湾におけるマナマコの移動追跡 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  41. (178) 鬼塚年弘・丹羽健太郎・鵜沼辰哉 (2015). 生活史初期におけるエゾバフンウニの食性と消化酵素活性の変化 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  42. (179) 渡邊良朗 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-1.沿岸複合生態系Coastal Ecosystem Complexの考え方 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会.
  43. (180) 木村伸吾笠井亮秀伊藤幸彦・銭本慧・竹茂愛吾三宅陽一鈴木啓太山下洋渡邊良朗 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-2.丹後海の流れとスズキ仔魚の輸送・生残 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  44. (181) 笠井亮秀・安佛かおり・尹錫鎭・鈴木啓太山下洋・渡辺謙太・舟橋達宏 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-3.丹後海における基礎生産構造 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  45. (182) 山下洋笠井亮秀・冨士泰期・秋山諭・渡辺謙太・上野正博鈴木啓太 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-4.スズキ稚魚による丹後海複合生態系の利用 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  46. (183) 栗田 豊・岡崎雄二・山下 洋 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-5.ヒラメ当歳魚における複数の生息場所利用と食性比較 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  47. (184) 白藤 徳夫・中川 亨・村上直人・横田 高士・鬼塚 年弘・横田 高士・武山 悟・渡邊良朗 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-6.厚岸海域の複合生態系におけるニシンの初期生残 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  48. (185) 河村知彦早川 淳大土直哉高見秀輝白藤徳夫鬼塚年弘 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-7.藻場生態系におけるマイクロハビタットの構造と機能 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  49. (186) 高見秀輝河村知彦早川 淳・梅津裕也・大土直哉鬼塚年弘 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-8.エゾアワビの成長に伴う生息場の変化とその要因 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  50. (187) 早川 淳大土直哉河村知彦高見秀輝白藤徳夫・奥村 裕・鬼塚年弘・黒木洋明・西垣友和・篠原義昭 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-9.相模湾および丹後海における大型アワビ類とトコブシの初期生息場の比較 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.
  51. (188) 一見和彦・本多美雪・山口一岩長谷川夏樹鬼塚年弘河村知彦 (2015). 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-10.備讃瀬戸におけるアサリ成貝の分布と浮遊生の出現傾向 (口頭). 平成27年度日本水産学会春季大会,東京海洋大.

コメントは受け付けていません。